Executive chef

エグゼクティブシェフ 「 小久江 次郎(おぐえ じろう)

フランス料理界の「ダヴィンチ」と称される故アラン・シャペル氏の愛弟子として、フランス料理の源流を守り、正統なフランス料理を作りつづけてきた「小久江 次郎」がエグゼクティブシェフを担当 「大胆かつ繊細」なアラン・シャペルの料理世界とそのトータリティを追及してきました 現代フランス料理最高峰の逸品で至福のひとときを存分にご堪能くださいませ

エグゼクティブシェフ 「小久江 次郎(おぐえ じろう)」

Profile

1947年
静岡県袋井市生まれ
1965年
ロシア料理店 レストラン「バラライカ」入社
1970年
大阪万博博覧会 アルゼンチン館 勤務
1971~1973年
渡仏
1974年
大阪ロイヤルホテル入社
1981年
神戸ポートピアホテル開業に伴い入社 ミシュラン3ツ星「アラン・シャペル」の神戸店オープンのためフランス・ミヨネー本店アラン・シャペル氏師事、再度渡仏
1988年
フレンチレストラン「アラン・シャペル」副料理長就任
1991年
「レヴァンテ」料理長就任
1995年
「アラン・シャペル」料理長就任
2006年
「エスコフィエ」称号受賞
2008年
「神戸マイスター」認定 「アラン・シャペル」エグゼクティブシェフ エスコフィエ地区担当委員 トックブランシュ国際クラブ関西支部理事 神戸フランス料理研究会 前会長 全日本司厨士協会関西地方兵庫県本部副会長
2011年
「ラ ジュネス代官山」 総料理長就任 現在に至る
PCサイトを見る
スマホサイトへ戻る
ページの先頭へ